高校受験に対しての不安を解消するための私立受験本番レポート

これから私立高校の受験を控えている受験生にとっては、受験本番のことを考えると、不安で仕方なくなるかもしれません。
以下では、少しでも不安が解消されるために、私の私立高校受験本番での体験談を紹介します!
この体験談を読んで、少しでも不安を解消してください。

【私立高校受験本番レポート】

まず、受けた高校は、地方のあまり偏差値が高くない高校でした。恥ずかしい話ですが、偏差値自体は50以下になります。
受験本番の当日は、学校の先生と受験地まで向かいました。

かなり朝早くの出発でした。
受験本番だったので、多くの学生が来ていました。

学校内に入ると、受験場所である教室に入室し、この教室が基本の待機場所などになりました。
私の教室は意外とみんな仲良く雑談などをしていた覚えがあります。

しかし、試験中などは、もちろん私語禁止です。
試験途中の休憩時間は、友達とトイレなどに行っていました。

試験の難易度ですが、偏差値に比べて、かなり難しかった覚えがあります。
試験が終わった後に、面接でした。

面接では、基本的な、この学校に志望した理由などが聞かれた覚えがあります。
そして、私は偏頭痛もあったので、そのことも記載していたら、面接官から、偏頭痛についても聞かれました。

「偏頭痛は俺も持ってるからね。辛いよね。」
「はい。」

という内容のシンプルな会話のやり取りだったと思います。

試験が終わった後は、すぐにみんなで受験校を後にして、帰宅しました。

私が受けた高校では、試験内容は難しかったですが、面接では基本的なことが聞かれ、しっかりと受け答えすれば大丈夫でした。
結果は、合格です。

受験と言っても、いつもの自分を乱さずに、落ち着いて受ければ、良い結果が出ると思います。

Comments are closed.