短期間で読解力を上げる方法とは

読解力を上げるには、長期的な訓練が必要と言われがちですが、ポイントを絞って読解練習を積めば、短期間で上げることが可能です。
そのポイントとは、「接続詞」です。
接続詞とは、「つまり」、「しかし」といった文と文を繋ぐはたらきをもつ言葉です。
筆者の意見が描かれる際、筆者は読者の注意を引くために上記のような接続詞をよく使用します。

読解力とは、問題の指示にあった箇所を文中から探す能力を指すものとしましょう。
つまるところ、接続詞を頼りに筆者の主張を探すことができれば、自ずと読解力は向上します。
接続詞には様々な種類がありますが、筆者の主張が書かれやすいものとして、「つまり」といったその後に結論を述べる接続詞、「しかし」といった逆の内容を表す接続詞が挙げられます。
まずは、上記の接続詞を文中から探す練習をして実際に筆者の主張を抜き出してみましょう。
文の始めから終わりまでを丁寧に読むやり方は、時間があれは行っても良いと思いますが、入試等では時間制約がありますので、お勧めできません。
文を読むというよりは、接続詞を探すことを意識し、筆者の主張を拾い上げる感覚で練習に取り組んでみてください。
接続詞は読解における道しるべとなりますので、常に接続詞を意識して読解を行いましょう。

Comments are closed.