中学時代、塾に通って英語の成績が大幅にアップしたこと

私は中学校に入学した時、英語はなかなか理解できませんでした。
国語や社会と違って、小学校時代には全く触れることがなかったこともひとつの原因だと思いました。
文章の最後にピリオドを書くことも度々忘れ、先生にもよく指摘されて授業中にも恥をかきました。

そして中学1年生の最初の中間テストでは本当に英語に関しては悲惨なものでした。
このような悲惨な状況において危機感を感じて、2学期から塾に通うことを決意しました。
塾に通ったことに加えて英語に慣れてきたこともあり、2学期から英語の成績が急速にアップしました。

2学期の中間テストでは大幅に点数が上がり、1学期の悲惨な状況がうそみたいでした。
そして単語テストも常に満点がとれ、英語の勉強がとても楽しくなりました。

ある時、英語に先生に英語に対する感想を書くように言われました。
そこで私は「中学に入学したときは苦しんだが、今は理解できるようになってうれしいです。」と書きました。

そして英語に関しては大の苦手科目から大の得意科目に大きく変化しました。
今思うと、あの時決意して塾に通ったことが大きな分岐点だったと思います。
英語は受験において文系、理系を問わず、いちばん重要な要素を占め、決して避けることはできません。

このように英語の重要度を考えるとあの時、1学期の成績を大いに反省して塾に通ったことが良い結果をもたらしたと思います。

Comments are closed.